Image: 191128 瀬戸大橋線に乗って栗林公園へ

2連休をもらったので、もう1箇所紅葉を見て回りたいなぁとは思っていた。前日までは養老公園(岐阜県)に行く予定だったが、何を血迷ったのか、急遽、栗林公園(香川県高松市)へ行くことに。(本当のきっかけはウェザーニュース紅葉Ch.で栗林公園が気になったのと、JR瀬戸大橋線に載ってみたかったから。)

出先でスマホから特急列車の予約や各交通機関の時刻を確認できるから、突撃旅行でも割とどうにかなってしまう。良い時代になったもんだ。

しかし天気は味方しなかったようで、11月28日は朝から曇天で風が冷たい。

Image: 京都 東寺

京都も紅葉スポットがいっぱいあって、実際ギリギリまでどっちに行くか迷ったけど、瀬戸大橋を渡りたい欲求が勝った。

岡山駅にて、快速マリンライナー。特急伊那路で豊橋から天竜峡に行ったときと違って、さすが有名な観光地は外国人の多さが目立つ。

Image: 快速 マリンライナー

前日夜の予約だったけど、最前列のパノラマグリーン席を確保できた。というか、普通グリーン席は窓側がほぼ埋まっていて取れなかった。設備としては特急電車の普通席と同等かそれ以下。

Image: 快速 マリンライナー パノラマグリーン席

しかし、運転席目線で前が見える!

Image: 瀬戸大橋線

その昔、BVE (Bousou View Express) というフリーの電車シミュレーションソフトに、これまた有志がフリーで公開している瀬戸大橋線のデータを入れてプレイしていて、瀬戸大橋線に乗るのが憧れだったのですが、その時のワクワクが思い出されました。

Image: 瀬戸大橋線

橋の下を覗くと、魚が飛び跳ねるところや海水の泡立ちが見えて、ここに落ちたらと思うと少しゾッとする。

Image: 瀬戸大橋線

高松に到着した時はまだ天気が悪かったため、高松城跡へ。明治時代以前に倒壊の危険があるということで取り壊された後、現在は2013年頃に復元された石垣のみが残っているが、天守閣を復元する試みも進行中。

Image: 高松城跡

13時に差し掛かり、空に晴れ間が見えるようになってきた。

Image: 高松城跡

ハゼノキが真っ赤に紅葉していて綺麗だった。

Image: 高松城跡

高松中央商店街。クリスマスツリーと装飾が綺麗。大阪や兵庫もそうだったけど、商店街が大きくて活気がある。愛知では見られないから、うらやましいなあ。

Image: 高松中央商店街

栗林公園(りつりんこうえん)。職人によって手入れされている百本を超える松の木が見物だが。

Image: 栗林公園

今回の目当ては紅葉。他の観光客も、紅葉で足を止めている人が多く見受けられた。下はグラデーションが綺麗だと思って撮ったのだが、今写真を見直してもやはり綺麗。

Image: 栗林公園

池周辺に紅葉があれば鏡に映って綺麗な光景になりそうだが、残念ながら全体の割合からしてみれば紅葉は多くない。

Image: 栗林公園

出口の所の紅葉も綺麗だった・

Image: 栗林公園

当日の新幹線で岡山に向かう最中にホテルへの宿泊を決めて予約。塩江温泉郷のホテルを予約したのだが、公共交通機関での交通の便はイマイチ。まあどこも山の中はそうだけど。

Image: 中央通り

ことでんバス塩江線に乗車。塩江バス停まで約1時間半!

Image: ことでんバス

着いたときには真っ暗。一部には街路灯が付いているけども、この写真の撮影ポイント周辺はしばらく街路灯が無く、足下を照らせるようにペンライトを持っていた方がいいかも。新樺川観光ホテルまで徒歩15分。

Image: 塩江温泉郷

続きはまた明日。


comments powered by Disqus

※コメント欄が表示されない場合はdisqusについてJavascriptが有効であることを確認して下さい.

(C) 2008-2019 akm. Generated with sakmug-dp.