Image: 181214 名古屋 本屋のラノベコーナー巡り

年に一度の一大行事があった夜勤を明けた休日は、禁書目録新約13~18巻を朝から晩まで、食事を惜しむほど熱中して読んだ。新約14~17巻の上条vs上里勢力編は読み応えあった。15巻ピンナップ絵での御坂美琴の目つきの怖さと、裏の顔を作っていく危うさが見える場面は、ハラハラしながらも新しい展開に期待していた。まあしかし、グレムリンと上里勢力の登場で登場人物がさらに増えてきた。この調子でどこまで増えていくことやら。


11日から14日にかけて、名古屋市内にある本屋の(男性向け)ラノベコーナー巡りをしてきた。

総評

店名 蔵書量 新刊紹介 陳列工夫 販促 アクセス利便性
三省堂書店 名古屋本店 ☆☆ ☆☆ ☆☆☆
星野書店 近鉄パッセ店 ☆☆ ☆☆ ☆☆☆
ジュンク堂書店 名古屋栄店 - - - ☆☆☆
丸善 名古屋本店 - - - - ☆☆☆
ジュンク堂書店 ロフト名古屋店 ☆☆☆☆ ☆☆ ☆☆
三洋堂書店 上前津店 ☆☆ ☆☆ ☆☆☆ ☆☆ ☆☆
WonderGOO 名古屋大須店 ☆☆ ☆☆☆ ☆☆ ☆☆☆ ☆☆
ゲーマーズ 名古屋店 ☆☆☆ ☆☆☆ ☆☆☆ ☆☆☆ ☆☆
らくだ書店 本店 ☆☆
三洋堂書店 新開橋店 ☆☆ ☆☆☆ ☆☆☆ ☆☆

星マークは☆1個からの積み上げ式。文庫サイズではない小説サイズの『ライト小説』は評価対象外。

各本屋の評価

三省堂書店 名古屋本店(中村区名駅、JRゲートタワーモール 8階)

名駅のすぐ隣のビルにある大型書店。昨年にオープンしたばかりなのと、下層フロアに女性向けのファッションやコズメのテナントが多くあるため、女性客の割合が高い。IT系や資格参考書など専門書は他店ほど充実していない。

ラノベコーナーはコミックコーナーの壁側にあり、本棚6台+新刊棚1台。平台・平積みはあったと思うけどうろ覚え。

星野書店 近鉄パッセ店(中村区名駅、近鉄パッセ 8階)

近鉄名古屋駅と同じ建物の8階にある中型書店。下のフロアに若者のトレンドショップが集まっていて、ここだけ静かな異空間と化している。本の平積みと立ち並ぶPOPスタンドの多さに特徴がある。

ラノベコーナーは隅の方にこぢんまりとした感じで本棚7台+新刊平台。蔵書は少ない。

ジュンク堂書店 名古屋栄店(中区栄、明治安田生命名古屋ビル B2・B1階)

地下鉄栄駅から森の地下街を通って直通で繋がっている大型書店。特徴としては、趣味・実用ジャンルの本が充実しているように感じられる。

ラノベコーナーはB1階に本棚6台。新刊コーナー無し。平台・平積みがなく棚も全て背差しで、やる気が感じられない。

丸善 名古屋本店(中区栄)

地下鉄東山線栄駅から徒歩7分。売り場は8階層1500坪に蔵書数120万冊で、東海三県では最大級の書店。専門書も充実している。ただし、コミックやラノベは扱っていない。

ジュンク堂書店 ロフト名古屋店(中区栄、ナディアパーク B1・7階)

地下鉄東山線栄駅から徒歩10分。売り場は2階層1200坪。7階は社会、芸術、人文、理工学など専門書の豊富さで丸善に劣らない一方で、B1階のコミックコーナーの広さは栄では随一。

ラノベコーナーはB1階に本棚21台+新刊棚2台。ここで紹介している本屋の中では蔵書数がダントツに多く、電撃文庫だけで棚6台ほどある。バックナンバーを探すなら栄スカイルのブックオフと合わせてココに行く。平台・平積みはなく、新刊コーナーも表紙を見せて棚に陳列する面陳列のため他店と見方が違うのが難点。

Image: ジュンク堂書店 ロフト名古屋店

Image: ジュンク堂書店 ロフト名古屋店

三洋堂書店 上前津店(中区大須)

大須・赤門通りの目の前にある中型書店。コミック、ゲーム攻略本、画集、イラストレーター向けの解説本や資料集、IT系の書籍、ゲームブック専用棚などオタク文化に特化した店舗になっていて、逆にそれ以外の取扱いはない。

ラノベコーナーは3階に本棚12台+新刊平台。棚数は多いが蔵書が少なく見える不思議。

Image: 三洋堂書店 上前津店

WonderGOO 名古屋大須店(中区大須)

大須・赤門通りにある、コミック、アニメ、ゲーム関連の本やグッズを販売するホビーショップ。

ラノベコーナーは本棚7台+新刊平台。新刊にポストカード同封など、特典の添付に積極的。新刊以外はあまり置いていない印象がある。

Image: WonderGOO 名古屋大須店

ゲーマーズ 名古屋店(中区大須 万松寺ビル 1階)

大須・万松寺ビルにある、コミック、アニメ、ゲーム関連の本やグッズを販売するホビーショップ。

ラノベコーナーは本棚10台+新刊平台。ここに挙げている中では2番目に蔵書が多いとみられる。新刊コーナーの様子はトップ画像を参照。

Image: ゲーマーズ 名古屋店

らくだ書店 本店(千種区青柳町)

住宅街にある店にしては比較的大きい中型書店(蔵書数18万冊)。地下鉄桜通線吹上駅から徒歩10分。平面駐車場あり。特徴は子ども向けの絵本や教育本が多め。2階に焼きたてパンが食べられるブックカフェがある。

ラノベコーナーは1階左手に本棚6台+新刊棚1台+新刊平台。郊外の中型書店ではこれくらいが一般的な形態だろうけど、棚の段数が少ない分蔵書も少なく見える。新刊やアニメ化作品を中心に平積みや面陳列があるものの、それ以上の工夫は感じられない。

Image: らくだ書店 本店

三洋堂書店 新開橋店(瑞穂区新開町)

東海三県を中心に83店舗を設ける三洋堂書店の本社お膝元で、実質的本店。広い平面・立体駐車場があるので車で行くには便利。名鉄神宮前駅から徒歩10分。近くにホームセンターとスーパーがある。特徴は、ゲームソフト・中古本・CDレンタルの扱いがあることと、深夜2時まで営業していること。郊外の書店らしく文学・娯楽・教育が中心で、理工学系や資格系の専門書はあまり期待できない。

ラノベコーナーは3階正面奥にあり、本棚6台+新刊棚1台+準新刊棚3台。陳列面積の半分近くが面陳列となっている。下の写真からは見えないが、向かい側に男性向けライトノベルの本棚がもう2台あって、あとは女性向けノベルが置いてある。一般の書店にしてはラノベ新刊の扱いが手厚い。

Image: 三洋堂書店 新開橋店


comments powered by Disqus

※コメント欄が表示されない場合はdisqusについてJavascriptが有効であることを確認して下さい.

(C) 2008-2019 akm. Generated with sakmug-dp.