Image: 190910 Surface Pro 6はクソスペックと化した

今日、Surface Pro 6を使っているとやたら重たく感じる。タスクマネージャーでCPUの状況をモニタリングしてみると、Core i5-8250U (定格1.60GHz) が0.40GHzでずっと動いている。タスクマネージャーの表示上のバグかとも思ったけども、OCCTで負荷をかけてみてもCPUクロックが変わらないどころか、使用率もやたら低く表示されている。

OCCTのモニターではCPU使用率は100%、動作周波数は399MHzと、CPU使用率はこちらが正常なのか分からないが、スロットルはやはり下がったまま。

Image: Surface Pro 6 OCCT

あちこち調べてみるに、8月のアップデートを境にこの不具合が起きるようになったとのこと。

Microsoft Surfaceの8月のファームウェアアップデートはインストールしないように | ライフハッカー[日本版]

私の環境では、ACアダプターを外すとスロットルも正常に上下する(クロックが最大3.xMHzまで上がる)。しかし、バッテリーが平均的な使用で6時間以上持つとはいえ、常にACアダプターを外しておく訳にはいかない。特に、SurfaceをメインPC兼用として使っている人にはキツいだろう。

Image: Surface Pro 6 タスクマネージャー

一時的な解決策としては、ThrottleStopなどのCPUのスロットルを止めて省電力を無効にしてしまう方法。これはあまり使いたくない。

Download ThrottleStop | TechPowerUp

根本的な解決策としては、ファームウェアのアップデートで修正されるのを待つしかないとのこと。まじ使えねぇ。メインで使っているOffice 2010のサポートがもうすぐ切れるので、Surfaceの方に全部移行しようかと思っていたけども、この状況が改善されないことには、使い物にならない。

(2019/09/14追記) 今日確認したら、充電中もCPUが負荷に応じてスロットルするようになっていました。今まではWindows 10用の月例更新プログラムしかアップデートはないはずだけど。よくわからん。


comments powered by Disqus

※コメント欄が表示されない場合はdisqusについてJavascriptが有効であることを確認して下さい.

(C) 2008-2019 akm. Generated with sakmug-dp.