Image: 181226 FOCAL Elear(10万円台高級ヘッドホン)を購入

私の職場は年中無休で仕事納めという概念はありませんが、たまたま今年は年末年始に連休を頂いたので、明日の宿直と明後日の明け番で仕事納めみたいな感じ。年末年始は外出する予定を作っていなかったので、積みゲー消化とテレビやYoutuberを見ているだけで終わりそうです。


今月はボーナスが出たのでちょっとお高いヘッドホンを買ってみました。FOCAL Elearは発売当初は17万円くらいしたようですが、今の時点では最安値95,000円となっています。私は97,000円で購入し、品物は輸入代理店のラックスマンから直送で来ました。シリアルナンバーは5000番台で2018年1月に検品されたようです。

同じ開放型ヘッドホンで6年前に買った5万円台のBeyerdynamic T90と相対的な比較で感想を書きます。再生環境は、PCからAAC 256kbps程度の圧縮音源を再生し、ヘッドホンアンプiHA-21EX-2013からアンバランス接続で出力。

第一印象としては、低音がしっかり出ていて音圧を感じることに感心しました。低音はしっかり出ているのですが、ドンドコドンドコと他の音を邪魔することがないのが良いですね。他のレビューでボーカルのさ行など高音が突き刺さるという意見が見られますが、私はT90の聴き始めでそれを体感しているので、Elearでは気になりませんでした。でも意識して聴いてみると、確かに楽曲によっては刺さり気味に感じます(T90)

二つ目としては、開放型ヘッドホンという作りに反してタイトに音が鳴る点ですか。ヘッドホンで音を聴くイメージって、頭部全体に音の空間が出来上がってその全体を聞いている印象だけど、Elearの場合は音一つ一つがある位置にふっと出てきて、それをみんな同時に聞いている感じ。T90に比べて解像度や低音のハリが一段と優れていることもあるんだろうけど、音の鳴らし方が違う。ノリの良いポップスやロック、打ち込み系などエフェクトがかかっていたり音がごちゃごちゃしやすい楽曲には相性が良い。ただ、音にまとまりがないので少し寂しく聞こえたり、周りの音に押されてボーカルが少し引っ込んだりする場合があるので、それが一概に良いとは言えない。

装着感について。重量は450gとやや重く、2~3時間ほど付けているとさすがに疲れを感じてくる。パッドの感触が固めで側圧も強いが、これは使い付ければ良くなるだろうか。

音質の総合的な評価としてはElearの方が1ランク上だろうけど、これが一本勝ちかというとそうでもない。装着感や聴き疲れしにくさではT90の方が良好。Elearには満足しているし、今さらT90を勧めようとは思わないけど、この価格帯のヘッドホンを買うなら、自分が求める音や用途・スタイルを決めて色んな選択肢から選定すべき。

評価に使用した楽曲アルバム

ジャンルはポップス、ロック、エレクトロ。以下、曲名(アーティスト名、アルバム名)の順。後ろはElearとの親和性(○=バッチリ、△=良し悪しあり、×=T90の方がまし)

  • Feel My Heart, For the moment (Every Little Thing, Every Best Single 2 ~Early period~) - △
  • Fly high, Boys & Girls (浜崎あゆみ, - LOVEppears -) - △
  • とまどい (GLAY, DRIVE ~GLAY complete BEST~) - △
  • グロリアス (GLAY, DRIVE ~GLAY complete BEST~) - ×(音質や出音バランスの面でボーカルの聞こえが悪い)
  • edge (⊿-mix) (Perfume, ⊿) - ○
  • memory of snow (fripSide, LEVEL5-judgelight-) - ○
  • Longing for the Spring (Antilles, Something New) - △
  • Nostalgia (Antilles, Something New) - ○
  • NSC-SC-6801 (Nash Music Library, 68-Kid’s Island) - ○
  • all you need is now (Duran Duran, A Diamond in the Mind ハイレゾ配信版FLAC形式) - ○

comments powered by Disqus

※コメント欄が表示されない場合はdisqusについてJavascriptが有効であることを確認して下さい.

(C) 2008-2019 akm. Generated with sakmug-dp.