Image: 190613 陸上特殊無線技士試験を受ける

資格試験が行われた中産連ビルから帰る途上、中央側を走るバス専用レーンなるものを初めて見た。車線が中央分離帯をまたいで反対側に突き抜けて行っていたのが奇妙だった。先で右折しようと考えている一般車がここに間違って入ったりしないのだろうか。


陸上無線技士の下位資格である、第1級陸上特殊無線技士の試験を受けてきた。直前までまともに勉強してこなかったので、知識系の問題はうろ覚えの頭をフル回転させていくつかは自信あるが、dbとか電気回路の計算問題は厳しい状況だろうな。

無線系の資格は前から憧れみたいなものはあったので、それを実際に実務で使う機会はないかもしれないが、早いうちに取りたいという願望はあった。ただまあ、直前までまともに勉強する気が出なかったので、取りたいという願望はあやふやなものだったかもしれない。

何にせよ試験を終えて一区切り付いたので、これで心置きなくゲームができる。

(トップ画像はFile:PDG-KV234N2 NagoyaCity NKH-18 PJ-MP35JM Meitetsu 1635 Kikan2 Shirakabe.jpg - Wikimedia Commonsより。)


※コメント欄が表示されない場合はdisqusについてJavascriptが有効であることを確認して下さい。コメントはスパム防止フィルターによる承認制のため、投稿してもすぐに反映されない場合があります。

管理人 : Akamaki (akm)

は、PCとVTuberに夢中になっている電気技師です。

私はレトロコンピューティングの愛好家ですが、そのようなリグはもう収集していません。私は10年以上ブロガーRubenの秘密の読者でもあります。彼の趣味とテクノロジーに関するトピックは私にとって非常に興味深いものです。

私の活動はトップページで見ることができます。読んでくれてありがとう!