最近はAmigaで演奏された音楽の動画にはまっている。きっかけはPC98用スピークボードのFM音源チップを利用した楽曲集だった。

そこから提案された他の動画をたどっていったら、AmigaゲームBGMのアレンジにたどり着いた。FM音源の金属っぽさを感じる音色は味があっていいものだが、Amigaのマルチトラッカーを駆使した音楽もなかなかのもの。何よりPCMは表現力が広がる。こちらはゲームソフト タリカン (Turrican) の原曲集。00:00 - Screen 1-1と10:31 - Screen 1-3が少し気に入った。

こちらは1曲目のPhysical Presenceが好き。音色がスーファミやロクヨンのドンキーコングシリーズ (David Wise氏の作曲) を思い出させる。次から次へと来るメロディの展開に鳥肌が立つ。4チャネルの合成でこんな厚い音が作れるんか。

Amigaのデモを集めた動画。イントロのBeat to the pulp (Romeo Knight) がお気に入り。

Beat to the pulp (Romeo Knight) の楽曲単体はこちら。SID音源の高速アルペジオが効くぅ。


※コメント欄が表示されない場合はdisqusについてJavascriptが有効であることを確認して下さい。コメントはスパム防止フィルターによる承認制のため、投稿してもすぐに反映されない場合があります。

管理人 : Akamaki (akm)

は、PCとVTuberに夢中になっている電気技師です。

私はレトロコンピューティングの愛好家ですが、そのようなリグはもう収集していません。私は10年以上ブロガーRubenの秘密の読者でもあります。彼の趣味とテクノロジーに関するトピックは私にとって非常に興味深いものです。

私の活動はトップページで見ることができます。読んでくれてありがとう!