Image: コンピューターというより織物工場 - FACOM128B実動動画

富士通の沼津工場に展示されている1959年製のリレー式計算機FACOM128Bが動作している動画。大量のリレーやパーツが一斉に規則的に動く様は、音だけ聴いていると自動織機みたい。何千もの機械部品を連続で動かすわけだから、故障頻度も何日あるいは何時間という単位でメンテナンスしていたんだろうな。

音といえば、8年前に見つけた、PDP-8/eが音楽を奏でる動画は今もお気に入り。テレタイプが文字を「打つ」音なんて今どき聞けないしね。そもそもテレビの文字テロップでよく使われる文字が1文字ずつバシュバシュでるSEが、タイプライターの音が元ネタということを知らない人もいるだろう(むしろ最近はPCキーボードのカタカタ音が主流か)。ところで、機械のノイズをAMラジオで拾っているということは、それだけ妨害電波が出ているわけで、FCC・VCCI認定とかで問題ありそう。


※コメント欄が表示されない場合はdisqusについてJavascriptが有効であることを確認して下さい。コメントはスパム防止フィルターによる承認制のため、投稿してもすぐに反映されない場合があります。

管理人 : Akamaki (akm)

は、PCとVTuberに夢中になっている電気技師です。

私はレトロコンピューティングの愛好家ですが、そのようなリグはもう収集していません。私は10年以上ブロガーRubenの秘密の読者でもあります。彼の趣味とテクノロジーに関するトピックは私にとって非常に興味深いものです。

私の活動はトップページで見ることができます。読んでくれてありがとう!