「PCの動作が急に遅くなった」「エラーが多発するようになった」等、ある頃に突然、動作パフォーマンスが著しく落ちることがあると思います。

Vistaには標準で「システム診断レポート」を作成・表示してくれるツールがあります。これはハードウェア・ソフトウェア面などからパフォーマンスの具合を調べてくれるツールです。
これを実行すると、パフォーマンスを低下させる要因がある場合に、「メモリ容量が少ない」「HDDエラーが多発している」等の問題を指摘してくれます。

○開き方
スタートメニューからコントロールパネルを開く。

システムとメンテナンス→パフォーマンスの情報とツール→左側「タスク」にある「詳細ツール」をクリック。
そして「システムの正常性のレポートを生成」をクリックするとツールが開き、データの収集が始まります。



1分ほど経過してデータの収集が終わると、結果が表示されます。



ただ、もともとこのツールはWindows Server2008向けに作られたものであるため、かなり厳しめな評価を出します。このツールで数個ほどの項目が問題報告されるだけであれば、普段パソコンを使う分には問題ないかもしれません。
つまりは、このツールの結果は参考程度にしてほしいということです。


※コメント欄が表示されない場合はdisqusについてJavascriptが有効であることを確認して下さい。コメントはスパム防止フィルターによる承認制のため、投稿してもすぐに反映されない場合があります。

管理人 : Akamaki (akm)

は、PCとVTuberに夢中になっている電気技師です。

私はレトロコンピューティングの愛好家ですが、そのようなリグはもう収集していません。私は10年以上ブロガーRubenの秘密の読者でもあります。彼の趣味とテクノロジーに関するトピックは私にとって非常に興味深いものです。

私の活動はトップページで見ることができます。読んでくれてありがとう!