Image: IRST Option ROM画面からRAIDを設定する

最近のIntel製チップセットのSATAコントローラーでサポートされているRAID機能"インテル ラピッド・ストレージ・テクノロジー"のRAID構成の設定をOption ROMの画面から行う方法。

○IRST SATA動作モードをRAIDに設定する。

BIOS設定画面などでATAコントローラーの動作モードをRAIDに設定する。
ASUS UEFI BIOS

○Option ROM画面からRAIDを設定

電源投入時またはリセット時に[Ctrl]キーと[I]キーを同時に何度も押して、Intel Rapid Storage Technology - Option ROMの設定画面を表示させる。

メインメニューで「1. Create RAID Volume」を選択する。Nameで作成するRAIDディスクの名前を決める。Select DisksからRAIDメンバーにするディスクを選択Stripe Sizeはそのままにしておけばよい。Create VolumeでRAIDディスクを作成する。

RAIDボリューム作成時に各ディスクのデータは消えてしまうので注意。

以上の操作はWindows上のソフトウェアからも設定できる。もちろん、こちらでもRAIDボリューム作成時に各ディスクのデータは消えてしまう。

○インテル・ラピッド・ストレージ・テクノロジー(ソフトウェア)からRAID構成の設定をする。

インテル・ラピッド・ストレージ・テクノロジー ボリュームタイプの選択
インテル・ラピッド・ストレージ・テクノロジー ボリュームの設定
インテル・ラピッド・ストレージ・テクノロジー ボリューム作成の確認


※コメント欄が表示されない場合はdisqusについてJavascriptが有効であることを確認して下さい。コメントはスパム防止フィルターによる承認制のため、投稿してもすぐに反映されない場合があります。

管理人 : Akamaki (akm)

は、PCとVTuberに夢中になっている電気技師です。

私はレトロコンピューティングの愛好家ですが、そのようなリグはもう収集していません。私は10年以上ブロガーRubenの秘密の読者でもあります。彼の趣味とテクノロジーに関するトピックは私にとって非常に興味深いものです。

私の活動はトップページで見ることができます。読んでくれてありがとう!