Image: 180424 Philips 246E7QDSB/11 FHDディスプレイを購入

現状、メイン作業用とゲーム用の2台のディスプレイがある中で、テレビ用が欲しいと思い、3台目のディスプレイを買ってきた。選定に散々迷ったあげく、結局はAmazonで売れ筋のPhilips製24インチフルHDディスプレイにした。

本体機構

最近の傾向になりつつある細フレームは、マルチモニターを配置する上でかさばりが少しでも減るので助かる。本品は1万円台前半の安価なモデルだが、VESAマウント対応なのでアームへの取り付けが可能。今でも意外とVESA非対応の製品があるので、マルチモニターの予定があるなら必ず確認しておきたい。

表示

発色は今手持ちのディスプレイより鮮やかだが、赤がややマゼンタ寄りなのでsRGBの再現性としてはどうなんだろうと思う。視野角は良好。さすがに45度以上ずれると環境光の反射が気になるが、マルチモニター配置でもある程度角度を視線に合わせるだろうから、通常使用では問題ない。細フレームで注意しておきたいバックライト漏れは、通常使用で気になる程ではないが、暗闇で黒画面を映すと手持ちの他のディスプレイと比べて多く漏れている気がする。

遅延・応答速度

遅延はRDT234WXと比べて0.3フレーム/60fps程度遅いくらいで、目視ではほぼ分からないレベルで良好。応答速度も特に悪いようには見えない。

メニュー

右下裏面についている一個のボタンをぐりぐり動かしたり押し込んだりして操作するので、机上の近い位置に設置しているなら操作しやすいが、アームで上に配置している場合は手が届きにくいので操作もしづらい。


※コメント欄が表示されない場合はdisqusについてJavascriptが有効であることを確認して下さい。コメントはスパム防止フィルターによる承認制のため、投稿してもすぐに反映されない場合があります。

管理人 : Akamaki (akm)

は、PCとVTuberに夢中になっている電気技師です。

私はレトロコンピューティングの愛好家ですが、そのようなリグはもう収集していません。私は10年以上ブロガーRubenの秘密の読者でもあります。彼の趣味とテクノロジーに関するトピックは私にとって非常に興味深いものです。

私の活動はトップページで見ることができます。読んでくれてありがとう!