191119 IO-DATA EX-LDGCQ271DB WQHDディスプレイを購入

Image: 191119 IO-DATA EX-LDGCQ271DB WQHDディスプレイを購入
BenQ PD2700Qを2年半使ってきたが、電源を入れた直後にパネル右側の縁を沿って白い影が出るようになった。また、パネルの右側3分の1くらいで粒感が目立ってきた。WQHDのディスプレイは今も選択肢としては多くない。ここまでワイド液晶はiiyama→EIZO→三菱→ASUS→LG→BenQ→Philipsと使ってきたので、次はIO-DATAくらいかなと。IO-DATAのディスプレイというと企業向けの安価なものを売っているイメージがあるが、最近はゲーミングモデルでコンシューマ市場を視野に入れた製品も出てきている。ゲーミングモデルは通常モデルに比べて若干割高だが、スタンドの調整が便利なのでこれにした。
本文を読む…

『ティンクル☆くるせいだーす ボーカルコレクション』(Pencil / 2010年)

Image: 『ティンクル☆くるせいだーす ボーカルコレクション』(Pencil / 2010年)
キャラソンアルバム『ティンクル☆くるせいだーす ボーカルコレクション』(Pencil, Lillian / 2010年)。ひょんなことから電波ソングにハマりつつある。ティンクル☆くるせいだーすの原作をプレイしたのは5年以上前(その時点で既に旧作)だが、その時はキャラソンの存在は知らなかった。最近、何かの拍子にPSSを買ったのだけど、その特典「PSS&GoGo!&SB オリジナルサウンドトラック」の1枚目ラストにKOTOKOが歌う「みらくる☆みるきーうぇい」という曲がある。この曲の2000年代感と少し電波が入った感じにちょいハマり、そこから追いかけていったら、「ティンクル☆くるせいだーす ボーカルコレクション」というCDを知った。
本文を読む…

191113 Surface Pro 6用に「タブレットアーム」を導入

Image: 191113 Surface Pro 6用に「タブレットアーム」を導入
デスクにはキーボードとマウス以外はなるべく常設でものを置きたくないと思って、タブレットはサイドデスクに置こうと思ったのだが、そのサイドデスクも書類が積み上がってしまう。悩んだ末に、タブレットを宙に浮かせられないかと思って、タブレットアームとか色々検討してみたのだが、メタルラックからぶら下げることを思い立った。
本文を読む…

アルミ電解コンは放置すると劣化が早まる

Image: アルミ電解コンは放置すると劣化が早まる

アルミ電解コンデンサに蓄電する機能がある機器の取説を読んでいたのだけれど、「全く使用しない場合でも1年に1回10分間は電圧エージング(電圧処理)して下さい。」とある。

これはどういうことか。日本ケミコンの資料 TECHNICAL NOTE アルミ電解コンの上手な使い方 (PDF) には、以下のような記述がある。

長期間放置された製品は、電圧処理(注-1)を行ないますと、電解液により酸化皮膜が修復され、漏れ電流は放置前のレベルに戻りますので、電圧処理をお勧めします。漏れ電流の増加は製品の耐電圧により異なり、一般的に定格電圧が高いほど増大する傾向にあります。また放置期間が長くなると製品の寿命に影響を及ぼす可能性がありますので、機器の期待寿命は保管期間を考慮してご使用願います。(注-1)電圧処理をする場合は、コンデンサに直列保護抵抗(約1kΩ)を介して、30~60分間定格電圧を印加して下さい。

また。ニチコンの資料アルミニウム電解コンデンサの概要 (PDF)には、以下のような記述がある。

アルミニウム電解コンデンサを無負荷のまま長期間放置すると、漏れ電流が増加する傾向があります。漏れ電流が増加する原因は、陽極箔の酸化皮膜が電解液と反応して、耐電圧の低下をきたすためですが、電圧を印加すると電解液の修復作用により元のレベルになります。漏れ電流が増加する度合いは、放置中の温度が高いほど大きくなりますので保管場所は、直射日光の当たらない常温、常湿の場所をお選びください。長期間保管した製品を使用する場合は、電圧処理を行なってください。電圧処理方法について(省略)。なお、通常の保存温度5~35°Cにおいて、2年以内の放置であれば電圧処理をせずにご使用いただけます。

つまり、2年以上放置すると劣化が早まることがあるので、2年に1回は定期的に電圧エージングした方がいいようだ。昔修繕用に使って余ったコンデンサも、本来なら寿命を少しでも持たせるべく通電した方がいいのだろうけど、単体でというのはなかなか難しいな。最近使っていないPCも、たまには動かさないと湿気だまりや劣化が加速してしまうのかも。

参考サイト

191105 未だ発展途上の和英辞典

最近、英文を書く機会が多くて、ATOK (Passport契約の最新版) で頻繁に英和辞典と和英辞典を引く。書こうと考えている文章の英語表現に躓いたとき、Google翻訳はある程度のヒントにはなるけど、たまに肯定・否定が全く逆だったりして滅茶苦茶な翻訳をすることがあるので、当てにはできない。

そんなとき、単語単位で和英辞典を引けば、その単語に相当する英語の単語とその例文が出てくるのだが、そうやって作った文章はおよそ賢い英語ではない。また、ある文が単調・単純だとして、その表現力を上げようとすると、日本語と英語では文の拡張方法が違うのだ。

例えば、英語に persevere という単語がある。これは persist (固執する、押し通す) の類語もしくは派生語で、persistは高校英語を習っていれば聞き覚えあるだろうが、persevereは少しマイナーかと思う。persevereをATOKのウィズダム英和辞典 (第3版) で引くと「○○を頑張ってやり通す、屈しない、我慢する、耐える」とある。では、逆に和英辞典からpersevereを引けるかというと、ウィズダム和英辞典 (第2版) では「がんばる」という単語の中の「頑張り通す」という項でpersevereが出てくるが、ジーニアス和英辞典 (第3版) では幾つかの単語を試しても引けなかった。なお、ウィズダム和英辞典でも「やりぬく」や「やりとげる」では persevere は出てこない。これは不十分と言わざるを得ない。

この例に留まらず、和英辞典はつくづく表現力が不十分だなと思う。こんな拙いツールに頼っている限りは、いつまで経っても英語の表現力は上がらない(日本語も流ちょうに書けない者が言えた口ではないが…)。結局の所、実際に使われている英文からどれだけ表現を吸収してくるかという線だろうが、日本で自然に英語を吸収するのはなかなか難しく、相当の労力あるいは費用を要する。

なので、私は和英辞典で単語のヒントを掴んだら、その単語の連なりをネット検索をかけて、実際に英文でどのように使われているのかを調べることにしている。そうして調べてみると、和英辞典で示された例文よりももっと賢い表現が見つかることがある。

日本語と英語では文章の構造が大きく異なるため、翻訳ソフトを作るのは大変難しいと聞く。和英辞典もまだまだ改善の余地があるだろう。そもそも一つの単語から引くという手法自体、再検討した方がいいのではないか。

191101 日立のパソコン?

Image: 191101 日立のパソコン?
会社で制御用に24時間稼働しているPCが2年目で次々に壊れたので、設置業者に入れ替えてもらったら、機種が変わっていた。ベージュながら鋼鉄で頑丈そうな見た目だが、ケースにメーカーロゴなどの製造元表示が見当たらない。
本文を読む…

191022 Sonyコンテンツ管理アシスタントのインストールに失敗する(再)

Image: 191022 Sonyコンテンツ管理アシスタントのインストールに失敗する(再)
なんか懐かしい記事のアクセスが急増していたので何かと思ったら、ソニーが同じことやらかしたみたい。PS Vitaとデータを交換するために使うソフトウェア「コンテンツ管理アシスタント」のセットアップを進めると、インストール要件のエラーメッセージで終了する問題を解決。
本文を読む…

191016 物損被害無し

ビル管試験の解答速報はいつ出るのでしょう。オーム社のページをチェックしているのですが、動きがない。設備と管理の12月号が出る頃には、もう合格発表されているだろうし。(→週末に解答速報が出たので自己採点してみましたが、やはり合格基準には届きませんでした。まあ、そりゃそうだ…)

台風の被害と影響については、名古屋では強風で交通機関が近鉄と地下鉄以外半日間止まったという程度で、物損被害はほとんどなかった。被害は木枝が散らばったくらいか。屋外の消火器を移動させたり、防潮板を設置したりと万全の対策をしたのは良かったと思う。台風の進路や速度が少し違っていたら、名古屋近辺も洪水の被害が多少は出ていただろう。三重はもともと雨が降りやすい場所ではあるけど、今回はその治水のキャパを上回ったということで、浸水被害も出ている。最近はほぼ毎年、そんなニュースを耳にしているような。

物損被害は無いけども、季節の変わり目とあって体調を崩している人が多いように見える。かくいう自分も足の指と背骨あたりを痛めた。これは、季節の変わり目と言うより単に準備運動不足のまま動いていたのが悪い。予防策はもう意味ないから、安静にするしか無いか。

191006 建築物環境衛生管理技術者試験 受験後感想

名古屋会場は名城大学ナゴヤドーム前キャンパスでした。年齢層は平均したら30代中後半?公衆に利用される建築物で2年以上維持管理業務に従事していたことが証明できないと受験できないので、当然学生の姿はないですけど、20代と思われる人はまあまあ居ました。性別は男100%。女性は見かけませんでした。施設警備員では女性の方も今や珍しくないですが、ビル管理・メンテの世界は男100%ですかね。

試験時間が3時間+3時間の6時間で、結構長かった。午後問題はもう途中で抜け出しました。回答に自信のある問題はあまりなかったですねー。特に午前問題の衛生関係と、午後問題の防虫防鼠、清掃は普段あんまり関わりが無いので、全然分かりませんでした。水質検査の基準値も覚える時間なかったし。空調と防火防災関係はまあまあ。総合で40%くらいは当たっているんじゃないでしょうか。合格基準は65%くらいなので、まあ不合格でしょうけど。今回はこの時期にここまで忙しくなると予想できなかった、戦略ミスが敗因だったと言うことで、また来年頑張ります。

使った受験対策本は緑のテキスト1冊と赤本です。上司は赤本より黒本の方が問題が体系的にまとめられているから、効率良く勉強できるといっていたけど、黒本は中古で安いのがなかったので赤本の中古を買いました。テキストはもう1冊、「出るとこだけ」を買いましたが、こちらは暗記特化のため読み物としては不足しています。テキストはちゃんとしたものを用意した方がいいと思います。

191005 建築物環境衛生管理技術者試験

明日は建築物環境衛生管理技術者(通称、ビル管)の試験なんだけど、受かる気が全くしない。年次停電点検に向けた打合せと資料作成で、この休みまでまともな時間を確保できなかった。どうせ受けに行くなら、金と時間は無駄にしたくないけど、今から努力してももう間に合わないか。

(C) 2008-2019 akm. Generated with sakmug-dp.