220423 Sakura Bloom Voice 2022 (Group C) [Niji EN]

ネタバレありんす。

“Sakura Bloom Voice 2022” Group C – NIJISANJI EN Official Store

Pomuのボイスはもちろん買ったけど、その他も日本語ボイスは一応全部買いました。散財ヤバス🥲

Ennaが日本語オンリーのボイスを出しているんだけど、ほんの一部ではあるけど1人2役で全然違う声質のボイスを入れていて、「そこの君ぃー!」「あ…鳥だ…😨」ってとこめっちゃ好き。これぞ求めていたボイスドラマって感じだわぁ。

Pomuのボイスは初っぱなから「締め切りヤバス。最近は働きづめだよ~」みたいな感じのOLトークで始まってワロタ。Pomuは英語を流れるようにスラスラしゃべるんで、ENメンバーの中でも聞き取りにくいはずなんだけど、もう半年も聞いていると完全ではないけどスッと入ってくる瞬間ができるようになってきた。夜桜鑑賞というひねったシチュから、次は日中のデートをしようという約束を取り付ける流れが良き。

EX Pomuボイスは普段聴けないトーンでの6の台詞回しで、!!!だった。

キーキャップとスイッチを交換 [Epomaker GK96S / Green OEM caps]

Image: キーキャップとスイッチを交換 [Epomaker GK96S / Green OEM caps]
テンキーは付いていて欲しいけどフルサイズよりはコンパクトなキーボードということで、96%キーボードの一つであるEpomaker GK96Sを選んだ。キーキャップは同じEpomakerのMarrs Green-OEM(134 keys)。デザイン重視で選んだので、メーカーが同じなのは偶然だった。緑と黄色ってなんかヨーロッパ感があって好き。
本文を読む…

220420 Mac n' Cheese ASMR Cooking [YouTube]

Image: 220420 Mac n' Cheese ASMR Cooking [YouTube]

Dinner 200 years ago |1807 Mac n’ Cheese| Historical ASMR Cooking - YouTube

Rosemi-samaの切り抜きを見ていて、Mac n’ Cheeseって何だろうと思って調べていたら、おいしそうな調理動画を見つけてしまった。このチャンネルでは200年前の調理方法や生活レベルを再現して調理以外にも色々やっているようで、このチャンネルだけで1日潰せそうだな。

BGMもナレーションも無しに解説は字幕で、料理の音だけが入っている映像は、なんかNHKの番組っぽい。

220419 LazuLight 300k / Ranunculus [Niji EN/JP]

PomuやEliraの洋楽カラオケがリアルタイムで聴けなかったのが残念でならない。セトリは見れた。YouTubeでなんでアーカイブに残せないんだろう。楽曲使用の広告システムがあるYouTubeだったら使用許諾のシステムくらい簡単にできそうだが。やはりカラオケの文化が欧米ではそこまで行き届いていないのか、権利者諸々がそういったシステム作りに積極的じゃないんだろううか。

LazuLight組全員チャンネル登録者数300kはめでたい。大台突破やファンが増えていることは素直にめでたいけども、私はもともと数字にそこまで固執していない。この調子で続けていれば400k 500k超えるかもしれないが、どこかのクソ運営のように拡大を急かされ潰されることなく、マイペースで活動を続けて欲しい。まあ、少なくともこの3人に関してはその心配は要らないが、ファン思いの部分は他のライバーたちと同じなので、そこで無理をしないかと心配になる時もある。

最近ラナキュラをよく見てる。ハマっているって言うほどじゃないけどよく見る。むゆは人生相談でメッセージから投稿者の気持ちをしっかりくみ取りつつ自分の意見を話していて、あそこまでちゃんと意見を言える人は中々いない。One Hand Clappingは6時間声を上げ続けたのか。さすが腹筋を鍛えていたことだけある(関係ある?あるか)服をよく見ると腹回りパツンパツンなの笑う。

よつはは英語についての話題を度々してて国際コラボに興味を持っているようで、まあコラボはまだ早いにしてもDuolingoは楽しみ。興味あるっていうライバーは結構いるけど、実際に行動に移すところまではなかなか難しいからね。逆にENでは最近Ennaが日本語や中国語に興味を持っていて、今日は日本語Duolingo配信で小学1年生レベルの漢字の練習をしていた。どういう心変わりか興味深い。

ぽんとは正直あまり見れていないが、他の2人に比較して独特な感性を持っていそう。わさびシュークリームを平気な顔で食べているし。

キースイッチの交換に挑戦 [Gateron Black Crystal V2 Yellow]

Image: キースイッチの交換に挑戦 [Gateron Black Crystal V2 Yellow]
Vissles 84キー (V84 Pro)のオリジナルブランド赤軸をGateron CAP Black Crystal V2(佳达隆CAP黑晶)黄軸に交換してみる。カスタムキーボードという分野の面白いところは、ここ数年で技術競争が著しいニッチ市場ということあって、世界中の先進的なキーボードマニアから注目を集めているにも関わらず「ちゃんとした情報」が少ないことですかね。レビューは結構盛んなんですけど。
本文を読む…

220410 NIJIWWE [NijiEN]

Image: 220410 NIJIWWE [NijiEN]

SelenTatsuki - Twitch

ずっと笑いっぱなしで腹筋割れるかとオモた。WWEは昔Holoメンの対戦動画がRedditに上がっているのを見て知っていたけども、NijiENのメンバーがあるのは知らなかった。無駄に絶妙なクオリティで笑う😆

POG!が似合いそうなキメ顔のLuca😂

Image: NIJIWWE

BrosemiとMillieの体格差🤣

Image: NIJIWWE

MPC-BEの動画再生が全部真っ暗になる [Intel UHD Graphics]

Image: MPC-BEの動画再生が全部真っ暗になる [Intel UHD Graphics]

Windows 11標準で入っているアプリやTVTestの動画再生は問題ないのに、MPC-BE (x64 1.6.1)で再生する動画が全部ブラックアウトするか最初で止まってしまう問題。

実はブラックアウトに見えてものすごく暗いだけということを後で知ったが、画像を加工しないと分からないレベル。また、JPEG圧縮した時点で識別に必要なデータの大部分が失われるので、上の画像は原形を留めていない。

オプション設定を変えてみたりデコーダーにLAV Filtersを入れてみたりしたが、解決できず。色々調べていたところ、Intel UHD Graphicsのビデオ設定を変えると見えるようになったという情報が。使用CPUも私が使っているCore i5-12600(第12世代)と同じ世代ということで、以下を試したところ直った。

  1. スタートからアプリ「インテル グラフィックス・コマンド・センター」を起動する。
  2. 「ビデオ」をクリックし、設定の「標準色補正」がオフになっていたらオンにする。

Image: インテル グラフィックス・コマンド・センター

操作はこれだけ。根本的な問題はMPCかディスプレイドライバーにありそうだが、他のアプリでは正常に再生できることからMPCの問題だろうか。

参考ページ

フルとコンパクトを両立した96/98キーボードを探して

Image: フルとコンパクトを両立した96/98キーボードを探して

10年前に購入したMajestouch (Cherry MX Red)をずっと使い続けているが、最近スイッチ交換可能 (swappable) キーボードというものを知って、気になっている。スイッチについてはレビューを見た上で1種類決めておき、あれこれ試すような沼にハマるつもりはない。それより配列を気に掛けている。

大須のPCショップをパッと見てきたけど、市販されているものはフルサイズキーボードか、テンキーレスか、HHKBのような60%キーボードの3タイプしかない。私としては、日本語入力でファンクションキーを使いたいし、家計簿やデータ入力用にテンキーも一緒に欲しい。ただ、INSとかHOMEとかはマウス派としてはあまり使うことがないから、こんなところに要らない。

Image: Libertouch

そういう人のために、ニッチながら96% keyboard、あるいは98% keyboardというものがある。コンパクトにまとまっているので従来の配列より手の移動が少なくて済む。

上のキーボードはスイッチ交換可能ではない。交換可能なタイプは日本でどれほど販売されているかまだちゃんと調べていないが、海外で100ドル程度のものが日本では2~3万円で売られているのをいくつか見かける。ニッチ商品ならではの「良い商売」だな。

キーキャップを交換するつもりなら、カーソルキー周りのキーの大きさに注意する必要がある。0キー、右Shift、右Controlなどの大きさが一般的な米国英語配列とは異なる。最近は同じキー表記で様々な幅のキーキャップが付属するものが増えてきたので選択の幅は広がってきているものの、全てがそうではないので、どの幅のキーキャップが付属するか事前に確認すべきだろう。

220405 Shark Rock [HoloEN]

Image: 220405 Shark Rock [HoloEN]

鮫ちゃん洋楽カラオケで気になった曲を片っ端からiTunesストアで買っていく。

だいたい何を歌ってもかわいいけど、NEWYORKのようにゆったりめでビブラート効かす歌になると、違った印象があってそれはそれでいい!

220403 Natsumi Moeのこと [VTuber]

Image: 220403 Natsumi Moeのこと [VTuber]
夏実萌恵の現在について。ここ1年はNijiENに一番ハマっているけど、NijiENがデビューする前はHoloENをデビュー時から見てた。ただ、英語話者のVTuberを追っていたのはもっと前からで、エイリーン一家の夏実萌恵 (Natsumi Moe) が一番最初だった。当時上がっていた動画の半分以上は全編見ていたんじゃないかと。
本文を読む…

220402 VRChatが3D配信の波に乗ってきた

Image: 220402 VRChatが3D配信の波に乗ってきた

【 ? 】 - YouTube

時代はVRChatに傾いていますね。VRChatの存在は12月のPomuの配信で初めて知ったけど、それからPomu、Rosemi、Selenの本当のアバターが実装されて新年イベをコラボで行い、2月だったかでHoloENの1期生もVRChatの環境を万全に整えた。

技術的な話はよく知らんけど、従来の3D配信をコラボでやるにはスタジオに集まらないと機材のすりあわせとか難しいのかな。3Dモデル製作の手軽さやVRChat専用の3Dワールド製作が充実してきたことで、海外勢にとってオンラインでも個人勢や他社VtuberでもコラボできるVRChatは3D配信の主流になりそう。

スタジオに比べるとコラボ相手が実際の目の前にいるわけじゃないので、動き方が現実と違って大変そうだけども、今回のツイスターゲームはVRでできる楽しみを示してくれた。

Image: Pikamee on VRChat

(8) 【VRChat】VRキタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!【#天野ピカミィ / #pikamee 】 - YouTube

220330 Off-collabo rush [Niji EN]

Image: 220330 Off-collabo rush [Niji EN]

今週はEliraとPomuがそれぞれ相次いでオフコラボして、どっちも見どころがあった。コラボラッシュ助かる。

よりによって人様のチャンネルでの配信中にFinanaがトイレに行くという行動力には笑った。しかもトイレにいるはずなのに割と声とかが入ってたし。よく聴き直したら区別できてしまうんじゃないだろうか。

EN勢の女性陣では日本語を話せるのはPetraぐらいだと思っていたけど、色々めぐって見ているとReimuも普段の配信から結構日本語を挟んでいるし、RosemiはEliraやPomuと同程度で、Ennaもイメージに反して日本語を学ぼうという意気込みを持っているんだな。

Pomuは明日にもEN単独で国際コラボを控えているが、JP×ID×ENの組み合わせだと何が標準語になるんだろうか。気になるところだが、午後イチの時間帯はさすがにリアタイ無理だな。アーカイブを楽しみにするか。