『電撃PlayStation』からのお知らせ - 電撃PlayStation

電プレが次号をもって定期刊を終了するとのこと。誌面が200ページを切るようになって、これはそろそろ持たないんじゃないかというところで月刊化。だが、その時にはもうカウントダウンは始まっていたのだろう。ある程度覚悟はしていたので、止めると聞いても驚きはない。ただ、開発者のインタビューやコラムを読む機会が今後は減っていくのか。そう思うと寂しい。

今回はVテューヌの特集が目次より先行して最初に来ている。まあ確かに、私の1番の目当てはこれなんですけどね。

まず最初に気になったのは、四女神の全身立ち絵。ネプ子がまさかの色気を出していますね。思わず笑っちゃったんだけども、でもまじまじと見ているうちに、これは色気なんだろうか?という疑問に。後ろのページのインタビューで、デザイナーが色気に挑戦していたとのことなので、これは意図的だったのか。ノワールとブランは衣装が軽くなっているけど、そんなに変わっていない。露出はベールが一番増えただろうか。

このゲームの主人公は女神一行だけど、この世界の主役はVアイドルという感じがします。Vアイドルのデザインはメーカーキャラに居そうな感じ。実際、メーカーというか企業のマスコットを兼ねた企業公式Vチューバーも結構居ますからね。あと、実在 (?) のVTuberが何人かアシストキャラという形でゲームに出演するようです。そこに「いるはーと」も出番がありそうですが、そういう情報がまだ一切無いという…まあきっと、非公式とはいえ自社のキャラクターなので、他のVTuberを立てるために自重してるんだよ、たぶん。


※コメント欄が表示されない場合はdisqusについてJavascriptが有効であることを確認して下さい.

(C) 2008-2019 akm. Generated with sakmug-dp.