Image: BIOSアップデートの頻度が高い

TUF GAMING B550-PLUS|マザーボード|ASUS 日本

ASUS TUF GAMING B550-PLUSのBIOSをバージョン2403から2423へ更新した。約2ヶ月前に公開されたバージョンで、頻繁に更新される気配はなくなったので、安定性には多分問題ないのだろうと見てアップデートすることにした。

更新内容は、

2021/08/26 20.18 MBytes
TUF GAMING B550-PLUS BIOS 2423
1. Update AMD AM4 AGESA V2 PI 1.2.0.3 Patch C
2. Improve system performance

AGESAのアップデート内容は相変わらず書かれていないが、今年2月辺りに少し話題になったUSB切断問題への対応が続いているのだろうか。

近年は日本のメーカー製PCでも年に1~2回BIOSアップデートが継続的に供給されることは珍しくなくなった。その更新内容はマイクロコードやBIOSの脆弱性改善であることが多い。

かつて、BIOSのアップデートなんて1機種に1~2回あるかないかという程度で、頻度とか言う以前のレベルだった。BIOSのアップデートはリスクが高く、Windows Updateのように頻繁にやるべきものではない。Gigabyteなんかは失敗に備えて予備のBIOS ROMチップを搭載していることを宣伝していたくらいだ。アップデートが無いならその方が良い。

確かにセキュリティリスクだって無視はできない。そうは言っても、セキュリティリスクの低減に気を取られ、可用性へのリスクを軽視していないだろうか。BIOSは本来、容易に触るべきではないものだという危機感が、薄れてきているのではないか。


※コメント欄が表示されない場合はdisqusについてJavascriptが有効であることを確認して下さい.