Image: Scythe Kotetsu 虎徹 CPUクーラー

Intel Core i5-4690リテールクーラーではアイドル時でもMBとの温度差が10度以上になり、その差を埋めようとクーラーの回転速度を上げると今度は騒音が気になるレベルになるので、これを導入することにしました。

本体の高さがATXケースの幅サイズぎりぎり一杯あるので、購入前によく調べるか購入時に相性保証に入っておきましょう。私のCoolerMaster Silencio 550では側面ふたの吸音スポンジに接触しましたが、なんとか蓋をすることができました。

バックプレートを取り付ける必要があるので、CPU裏に穴が開いていないPCケースだとマザーボードを取り外さないといけません。バックプレートの穴にはネジが切ってあり、マザーボード表からスタッドナットを締め付けます。Hyper 212 EVOではボルトとナットによる締め付けだったので、それに比べれば扱いやすかったです。

KOTETSU付属のクーラーはSY1225HB12SM-P(隼120 1400rpmのPWMモデル?)。KOTETSUデュアルファンキットのクーラーはSY1225HB12H-PS(隼120 1600rpmのPWMモデル?)です。SY1225HB12H-PSの方はH/M/Lと表示されたスライドスイッチが付いていて、回転数のレンジを調節できるようです。

虎徹取付後はアイドル時はMBとの温度差が2度(MBが35度、CPUが37度、ファン速度は30%)。ケースの外からは騒音は耳を近づけてやっと判別できるレベルになり、良好です。


※コメント欄が表示されない場合はdisqusについてJavascriptが有効であることを確認して下さい。コメントはスパム防止フィルターによる承認制のため、投稿してもすぐに反映されない場合があります。

管理人 : Akamaki (akm)

は、PCとVTuberに夢中になっている電気技師です。

私はレトロコンピューティングの愛好家ですが、そのようなリグはもう収集していません。私は10年以上ブロガーRubenの秘密の読者でもあります。彼の趣味とテクノロジーに関するトピックは私にとって非常に興味深いものです。

私の活動はトップページで見ることができます。読んでくれてありがとう!