メイン機のCPUが3rd Core i5(Ivy Bridge)から2nd Core i3(Sandy Bridge)にスペックダウンしたものの、思っていたほど使い勝手は変わっていないと思ったら、大きな違いを見つけた。

HandBrakeで動画ファイルをH.264ソフトウェアエンコードするのに、3rd Core i5では動画再生時間の0.8倍ほどかかっていたのが、2nd Core i3では2~3倍ほどかかるようになった。さわりではあまり変わっていないようで、使い方次第ではこうもはっきりと性能差がわかるものなんだなー。


※コメント欄が表示されない場合はdisqusについてJavascriptが有効であることを確認して下さい。コメントはスパム防止フィルターによる承認制のため、投稿してもすぐに反映されない場合があります。

管理人 : Akamaki (akm)

は、PCとVTuberに夢中になっている電気技師です。

私はレトロコンピューティングの愛好家ですが、そのようなリグはもう収集していません。私は10年以上ブロガーRubenの秘密の読者でもあります。彼の趣味とテクノロジーに関するトピックは私にとって非常に興味深いものです。

私の活動はトップページで見ることができます。読んでくれてありがとう!