Image: EIZO T566 CRT画面の色が白っぽくなる現象を修理

前回、EIZO Flexscan T566のメイン基板に見つかったパターン断裂をジャンパ線で修理したのだけど、もう1本切れている配線があることに最近気付いた。

切れていたのはG2電圧を制御するライン。G2電圧が機能しなくなると通常は画面が全体的に白っぽくなるになる白飛びが発生するが、色調整のカットオフ設定で何とかごまかしていた。下は前回修理した後の写真。

Image: EIZO T566 メイン基板修理

下の写真は正しくない状態での設定値。カットオフの設定値がどうもおかしいと思ったけど、G2電圧がちゃんと働いていなかったのね。

Image: EIZO T566 カットオフ設定

再調整後。などと写真を撮ってもカメラの色補正が働くので、あまり意味はない。

Image: EIZO T566 調整後

時々映像が乱れることがあり、画面を叩くと直るので、まだ問題箇所の近くに別のパターン断裂があるかもしれない。チルト回路か水平・垂直信号回路あたりの問題だと思うが、調子良いときは全然再現できない問題なので、探しようがないのが困るところ。


※コメント欄が表示されない場合はdisqusについてJavascriptが有効であることを確認して下さい。コメントはスパム防止フィルターによる承認制のため、投稿してもすぐに反映されない場合があります。

管理人 : Akamaki (akm)

は、PCとVTuberに夢中になっている電気技師です。

私はレトロコンピューティングの愛好家ですが、そのようなリグはもう収集していません。私は10年以上ブロガーRubenの秘密の読者でもあります。彼の趣味とテクノロジーに関するトピックは私にとって非常に興味深いものです。

私の活動はトップページで見ることができます。読んでくれてありがとう!