今BS11で冴えカノ2期の再放送をやってるけども、数年前にフジテレビ系列(東海テレビ)ノイタミナ枠で録画してあった分を今週は一気に消化してた。

ラノベらしさ全開のキャラクター設定にギャルゲー製作を組み合わせて、オタク・オブ・カルチャーな作品になっている。ラブコメ、友情、オタクの共感話をバランス良く取り入れているが、話のテンポはラブコメ系ラノベ特有の台詞中心な所はある。

特筆しておきたいのは、加藤というキャラクターのミステリアスな魅力。他のヒロインは特徴的で掴みやすいキャラクターだけど、加藤の考えていることは最後まで掴めなかった。加藤がいなければ「どこにでもありそうな」ラノベ話で終わっていたけども、ここでの加藤の存在が冴えカノを特徴付けていると思った。


※コメント欄が表示されない場合はdisqusについてJavascriptが有効であることを確認して下さい。コメントはスパム防止フィルターによる承認制のため、投稿してもすぐに反映されない場合があります。

管理人 : Akamaki (akm)

は、PCとVTuberに夢中になっている電気技師です。

私はレトロコンピューティングの愛好家ですが、そのようなリグはもう収集していません。私は10年以上ブロガーRubenの秘密の読者でもあります。彼の趣味とテクノロジーに関するトピックは私にとって非常に興味深いものです。

私の活動はトップページで見ることができます。読んでくれてありがとう!