Image: Windows 3.1用ファイルマネージャ 2000年表示対応プログラム

かつて公開されていたWindows 3.1用ファイルマネージャ WINFILE.EXE 2000年表示対応プログラム。マイクロソフトから発売されたMicrosoft Windows 3.1 (日本語版)に対応しています。ただの表示上の問題なので気にならない人は入れる必要ありませんが。

ファイルリストと修正内容

修正モジュールのファイル サイズ、タイム スタンプは以下のとおりです。
ファイル名:Winfile.exe ファイル サイズ:152,560 タイム スタンプ:98/1/14

問題の概略

 Windows 3.1 の ファイルマネージャにて、2000年1月1日以降に作成したファイルの日付が正しく表示されません。
 なお、これは表示だけの問題であり、実際のタイムスタンプを変更している分けではありません。

アップデートファイル

(リンク切れに付きリンク削除 201505)
Windows 3.1 修正モジュール集

補足事項

IBM版Windows 3.1にはこの修正モジュールではなくCSD 3.10Fを導入して下さい。NEC、富士通、東芝が販売していたWindows 3.1用の修正モジュールはリリースされていません。ただし、富士通や東芝のDOS/V機に付属するWindows 3.1はマイクロソフト版なのでこの修正モジュールを使用できます。


※コメント欄が表示されない場合はdisqusについてJavascriptが有効であることを確認して下さい。コメントはスパム防止フィルターによる承認制のため、投稿してもすぐに反映されない場合があります。

管理人 : Akamaki (akm)

は、PCとVTuberに夢中になっている電気技師です。

私はレトロコンピューティングの愛好家ですが、そのようなリグはもう収集していません。私は10年以上ブロガーRubenの秘密の読者でもあります。彼の趣味とテクノロジーに関するトピックは私にとって非常に興味深いものです。

私の活動はトップページで見ることができます。読んでくれてありがとう!