Image: 200425 毎日ティー、時々スパイスティー (セレッシャル) [紅茶]

実は、2年前に紅茶を飲み始めてから、家ではほぼ毎日紅茶を飲んでいる。まあ、茶葉や飲み方にはこだわりがないというか無頓着だったので、わざわざ取り上げることでもないと思っていたが、こういう些細な楽しみを作って家で過ごすというのもありと言うことで。

特に夏場や仕事上がりでは炭酸系の清涼飲料水やアルコールを飲みたくなることがあるけど、普段は冷蔵庫にはミルクティー用に用意している牛乳しか入っていない。飲み物が欲しくなったら、電気ケトルで湯を沸かして紅茶パックと一緒にポットに入れて、紅茶を作る。最初のうちはその都度作るのは手間が掛かる思っていたが、それを1年以上続けきて、今となってはそれが当たり前になっている。湯沸かし、抽出、移し替えで3回キッチンと行き来するのが手間ではあるが、私の場合はキッチンがすぐ隣なので、飲みたいと思ったときにすぐに作れるという家事情もある。

紅茶を入れるのに特に技術は要らない。ただ、次の基本ポイントは守っている。

  • 沸騰したばかりのお湯を使う。
  • 抽出中のティーバッグ(または茶葉)はあまり揺らさず、ポットやティーカップにフタをして蒸らす。
  • 推奨抽出時間を守り、必要以上にティーバッグ(または茶葉)を入れたままにしない。

普段は安くてスタンダードな味わいの日東紅茶を飲んでいるが、休日や気分転換したいときはスパイスティーを飲む。アップルティーなどの単なる果物フレーバー系は、ジュースっぽくてあまり飲まない。近所のスーパーは茶葉のラインナップが乏しく、最近買ってるのは日東紅茶くらい。月1回の用事ついでに成城石井が近くにあるので、そこで買ってきた茶葉でバリエーションを広げている。最近はセレッシャル (Celestial) シリーズを色々買って試飲中。一時期はルピシアで茶葉を買ったりしたけども、あそこは1杯30~40円を超える茶葉ばかりでお手軽という感じではなく、最近は行っていない。

一応、レビュー等の参考目的にAmazonのリンクを貼っているが、ここのセレッシャルシリーズの販売価格567円は若干高い。1000円超はこれが本当に1箱の価格なら、完全にぼったくり。

セレッシャル ジンジャーブレッド スパイス

シナモンの香り・味が強く、シナモンティーのイメージに最も近い。砂糖と牛乳を入れてミルクティーにすると、バッチリ合う。冬前シーズン限定なのか、3月に成城石井に行ったときはもう売っていなかった。

セレッシャル ベンガル スパイス

砂糖無しでも甘み強め。香りも味もトロンとした甘さが広がるが、後からシナモンのスパイスが少し利いてくる。

セレッシャル ジャミン レモン ジンガー

その名の通り、レモンティー+ショウガ。見た目が淡い黄色で、見た目通り味も他に比べると主張が少ない。身体が温まるレモンティーと言ったところ。

セレッシャル サングリア ジンガー

ハイビスカスとローズヒップ、オレンジピールのブレンド。まず、見た目の赤さが目を引く。甘酸っぱい香りと味。口に含むとオレンジの後味が効いている。目覚めたいときや気分を爽やかにしたいときには良い。

スタッセン チャイ スパイスティー

セレッシャルシリーズではないが、テレビで取り上げられたというPOPを見て買ってしまった。成城石井で25p 700円くらいだったと思う。

日東紅茶のような紙製の個別包装に包まれているにもかかわらず、開封前からスパイスの香りが強い。ティーバッグの香りを直接嗅いだら鼻がおかしくなりそうなくらい。抽出してみると色は普通の紅茶色。スパイスの強い香りに反して、味はわずかに辛みを感じるものの無いと言っていい。香りは十分あるので、濃いめのチャイが飲みたいなら、アッサムなどの茶葉とブレンドするのは十分あり。


※コメント欄が表示されない場合はdisqusについてJavascriptが有効であることを確認して下さい.