この前、変圧器端子電圧の正常値を考えたとき、変圧器自体の電圧降下についてはうやむやにしていた。というのも、変圧器の詳しい仕様が分からなくて、銘板にも一部の情報しか記載されていなかったから。しかし、変圧器の仕様なんてメーカーのサイトで調べればカタログスペックくらいは出てくるので、それを使えばよかった。

変圧器の仕様についても、資料をあさっているうちに「変圧器試験成績書」というのを見つけて、その中に変圧器の電圧変動率を含む特性について記載を見つけた。

例えば、JIS C 4306:2013(配電用 6kVモールド変圧器)に基づく500kVAの6.6kV/210V単相変圧器については、短絡インピーダンス試験及び無負荷試験として以下ように記録されている。

巻線抵抗(一次-二次)(Ω) 短絡IZ(%) 負荷損(W) 無負荷電流(%) 無負荷損(W) 効率(%) エネルギー消費効率(W) 電圧変動率(%)
0.335 - 0.000251 6.22 4020 0.13 515 99.1 1154 0.99

電圧変動率が約1%ということは、105V端子電圧で言えば、100%負荷でも1V程度の電圧降下ということか。500kVAというのは一般的な変圧器の中では大容量の方で、50kVAなどの小容量になってくると電圧変動率は2%位になる。まあそれでも、電線の電圧降下に比べたら大したことなく、この前導出した電圧変動幅は修正するほどでもないな。


※コメント欄が表示されない場合はdisqusについてJavascriptが有効であることを確認して下さい.