→2/25 エプソン、部品入手不可のインクカートリッジ仕様を変更。残量少の場合エラー表示なしに - PC Watch

部品入手不可になったらサポート・製造を終了するのが通例なのに、それを未だにファームウェアに手を加えてまでサポートしようとするところが驚きだわ。まあ、プリンターはインクカートリッジで儲けているようなものだろうが、こんな古いモデルを未だに使っている人がどれくらいいるのか。

今やアップルや中国企業みたいに、古いものや使えなくなったものは切り捨ててどんどん新しいものに更新していく消費スタイルがグローバルに根付いてきているから、こういう、ものを大事に使う精神は薄れつつある。しかし、精密機器に関しては手入れが難しくなってきているのでやむを得ない部分もあるから、何とも。

昔使っていたプリンターだったので、思わず懐かしくなった。これより前に使っていたプリンターに比べて音が静かになって、印刷は格段に早くなり、SDカードリーダーが付いて何かよくわからん機能もいっぱい増えて、有用な奴だった。別所に置いているスキャン画像も一部はこのプリンターでスキャンしたものだった。5年以上前に別のプリンターに買い替えたが、そのプリンターも今まだ使っているかどうか怪しい。


※コメント欄が表示されない場合はdisqusについてJavascriptが有効であることを確認して下さい。コメントはスパム防止フィルターによる承認制のため、投稿してもすぐに反映されない場合があります。

管理人 : Akamaki (akm)

は、PCとVTuberに夢中になっている電気技師です。

私はレトロコンピューティングの愛好家ですが、そのようなリグはもう収集していません。私は10年以上ブロガーRubenの秘密の読者でもあります。彼の趣味とテクノロジーに関するトピックは私にとって非常に興味深いものです。

私の活動はトップページで見ることができます。読んでくれてありがとう!