Image: Logicool G502 マウスホイールのカスカスした動きを直す

3年前にG502無印の動作不良保証対応でもらったG502 Proteus Spectrum。ボタンスイッチはまだ健全だが、ホイールの動きが鈍くなってきた。このマウスの一つの特徴である高速ホイール(デュアルモード)が活かせない。

軸に注油したら良くなるんじゃないかと分解を試みるも、裏側のソールを外してプラスネジ4本を外すところまではスムーズにできたが、ケースの親指寄りに掛かっているツメを外すのに一苦労。馬鹿力をかけてツメを折ってしまったのだけど、元に戻した今でも使用感は変わっていない。本当にそこにツメが必要だったのか疑問がある。

サイドボタンとLED用の基板がケース上半分側に付いているが、ただ単純に隙間にはめ込んであるだけなので簡単に外せる。ただ、これを処理しないとケースを外すときにフラットケーブルに負担をかけ、最悪コネクターの破損に繋がる。

中を見てみると、どうも、ホイールの支持部分に埃が詰まっていて、これが擦っていることで回転の動きが鈍くなっているらしい。ホイールの部品一式を外す前に、手前の黒いピンを外す。

Image: Logicool G502

黒いカバーのネジを外す。針金を外側にずらせば、あとはホイールの収納部分を押し広げればホイール本体が外れるのだが、この時に針金を押さえている黒いプラスチックやバネ周り、白いクランク部分を変に動かすと、後で元に戻すのが滅茶苦茶大変になる。カバーやホイールを外さずに、エアーでゴミを吹き飛ばして済むのであればそうしたい。

Image: Logicool G502

埃が詰まっていたので取り除いたら、ほぼ新品同様のスムーズに動くようになった。


※コメント欄が表示されない場合はdisqusについてJavascriptが有効であることを確認して下さい。コメントはスパム防止フィルターによる承認制のため、投稿してもすぐに反映されない場合があります。

管理人 : Akamaki (akm)

は、PCとVTuberに夢中になっている電気技師です。

私はレトロコンピューティングの愛好家ですが、そのようなリグはもう収集していません。私は10年以上ブロガーRubenの秘密の読者でもあります。彼の趣味とテクノロジーに関するトピックは私にとって非常に興味深いものです。

私の活動はトップページで見ることができます。読んでくれてありがとう!