Image: CONFIG.SYS and AUTOEXEC.BAT for DOS/V run on ASUS P2B

CONFIG.SYSとAUTOEXEC.BATの最適解はない。例えば、英語版のFALCON 3.0は602KBの基本メモリーを必要とするが、日本語サポート関係のドライバーを組み込んだ状態では、602KBなんてQEMMを使っても難しい。QEMMとフリーのディスプレイドライバーとか使って何とかというところだろう。結局、SWITCHコマンドでの日本語環境と英語環境の使い分けが必要になる。

Image: IBM DOS J5.02D/V

フリー、商用を含め色んなドライバーを試したが、ハードの再構成やDOSの再セットアップを繰り返すうちにたどり着いたのは、DOS/V標準のドライバーにKI-Shellを入れただけのシンプルな構成。もはやカーソル操作よりコマンド操作に慣れてしまったので、FDやJEDはコマンドで起動するようにしている。

10年前なら今よりもDOSを使う機会はあったが、今は仮想環境でDOS/Vやデバッグ関係含め大抵のことができるので、DOS実機の使用機会が減ってきた。この環境にこれ以上手を加えることは、今後恐らくないだろう。

CONFIG.SYS

日本語入力あり、CD-ROMドライバあり、Sound Blasterなし。$DISP.SYSの/HS=ONはVGAクローンでは動かないものが多いので、スピード狂でもなければ/HS=LCでいい。LANカードを増設している場合、多くのLANカードはネットワーク起動のROMを持っているので、UMBCHKとか使ってEMM386の/Iパラメータを調整する必要がある。cdromdrv.sysは東芝サムスン (TSST) が配布していたCDドライバだが、今から入手するならFreeDOSに付属するUIDE.SYSを使うだろうか。

BUFFERS=20
FILES=30
DOS=HIGH,UMB
COUNTRY=081,932,C:\DOS\COUNTRY.SYS
SHELL=C:\DOS\COMMAND.COM /P /E:512
DEVICE=C:\DOS\$FONT.SYS /U=0 /24=ON
DEVICE=C:\DOS\HIMEM.SYS
DEVICE=C:\DOS\EMM386.EXE 4096 RAM /I=C800-EFFF /PE000
DEVICE=C:\DOS\$DISP.SYS /HS=ON
DEVICEHIGH=C:\DOS\$IAS.SYS /R=1
DEVICEHIGH=C:\DOS\ANSI.SYS
rem device=c:\japan2hd\japan2hd.sys
rem DEVICE=C:\DOS\$IAESKK.SYS
rem DEVICE=C:\DOS\$PRNESCP.SYS
devicehigh=c:\cddrv\cdromdrv.sys /d:MSCD001 /v /b
INSTALL=C:\DOS\IBMMKKV.EXE /M=S /Z=4 /C /S=C:\DOS\$MULTDCT.PRO /U=C:\$USRDICT.DCT

AUTOEXEC.BAT

@ECHO OFF
SET SYS=C:
SET COMSPEC=C:\DOS\COMMAND.COM
PROMPT $P$G
PATH C:\DOS;C:\JED;C:\FD55;C:\VZ;C:\LHA;C:\SB16
SET TEMP=C:\DOS
LH KEYB.COM JP,932,C:\DOS\KEYBOARD.SYS
C:\KSH\KSH.COM
rem ALIAS W WIN
rem ALIAS FM FILMTN
lh c:\cddrv\mscdex /d:MSCD001 /e
LH MOUSE
rem VER

CONFIG.PS2

日本語入力なし、CD-ROMドライバなし、Sound Blasterあり(Sound Blaster AWE 64を使用)。

BUFFERS=20
FILES=30
DOS=HIGH,UMB
COUNTRY=001,437,C:\DOS\COUNTRY.SYS
SHELL=C:\DOS\COMMAND.COM /P /E:512
device=c:\sb16\ctcm.exe
reM DEVICE=C:\DOS\SETVER.EXE
DEVICE=C:\DOS\HIMEM.SYS
DEVICE=C:\DOS\EMM386.EXE 4096 RAM /I=C800-EFFF /PE000
devicehigh=c:\dos\ansi.sys
rem device=c:\dos\smartdrv.sys 2048

AUTOEXEC.PS2

@ECHO OFF
SET SYS=C:
SET COMSPEC=C:\DOS\COMMAND.COM
PROMPT $P$G
PATH C:\DOS;C:\DOS\PS2;C:\JEDE;C:\FD55;C:\VZ;C:\LHA;C:\SB16
SET TEMP=C:\DOS
LH KEYB.COM JP,437,C:\DOS\KEYBOARD.SYS
SET BLASTER=A220 I10 D0 H5 P300 E620 T6
SET SOUND=C:\SB16
SET MIDI=SYNTH:1 MAP:E MODE:0
SET CTCM=C:\SB16
C:\SB16\AWEUTIL /S
C:\SB16\MIXERSET /P /Q
C:\KSH\KSH.COM
LH MOUSE

※コメント欄が表示されない場合はdisqusについてJavascriptが有効であることを確認して下さい.