Image: ASUS P2Bのハードウェアリソース (IRQ, DMA, I/Oアドレス)

ASUS P2Bを使用していて、これから拡張カードを増設しようと計画している、あるいは、DOSでメモリーマネージャーの設定やリソース競合に困っている皆様はぜひ参考にしてください😃👍

以下はWindows 98のMsinfo32とP2Bのマニュアルの情報を元に作成しています。

初期構成のメモリマップ (<1MB)

アドレス サイズ 割り当て種別 説明
0x000000 - 0x0003FF 1KB RAM(使用済み) 割り込みベクタテーブル
0x000400 - 0x0004FF 256B RAM(使用済み) BIOSデータエリア
0x000500 - 0x09FFFF 639KB RAM コンベンショナルメモリ
0x0A0000 - 0x0BFFFF 128KB VGA RAM VGA ビデオメモリ
0x0C0000 - 0x0C7FFF 32KB VGA ROM VGA BIOS
0x0C8000 - 0x0EFFFF 96KB ROM(予約) 未使用(UMBとして使用可)
0x0F0000 - 0x0FFFFF 64KB MB ROM システムBIOS

グラフィックカードはMatrox Millennium G400 (AGPバス) の場合です。他のグラフィックカードではVGA BIOSのサイズが違うかもしれません。

P2Bはネットワークアダプターを搭載していませんが、LANカードを増設する場合はUMBとして使用できるROM予約領域(0x0C8000 - 0x0EFFFF)が減少する可能性があります。IDEカードやSCSIカードも同様です。

上記構成においてDOS上でUMBメモリーを最大限に利用したければ、CONFIG.SYSでDEVICE=C:\DOS\EMM386.EXE RAM /PE000 /I=C800-EFFFと指定して下さい。XMAからEMSメモリーと96KBのUMBメモリーを確保できます。

I/Oポートマップ

I/Oアドレス デバイス
000 - 0FFh システムで使用
- 以下拡張アダプター -
170 - 177h ハードディスクドライブコントローラー
1F0 - 1F7h ハードディスクドライブコントローラー
274 - 277h ISA プラグアンドプレイエミュレータ用I/Oデータ読み取りポート
278 - 27Fh パラレルプリンターポート (2)
290 - 297h ハードウェアモニター (BIOS)
2F8 - 2FFh シリアルポート (2)
360 - 36Fh (予約)
376 - 376h ハードディスクドライブコントローラー
378 - 37Fh パラレルプリンターポート (1)
3B0 - 3BFh VGA(MDA互換ポート)
3C0 - 3CFh VGA(EGA互換ポート)
3D0 - 3DFh VGA(CGA互換ポート)
3F0 - 3F7h フロッピーディスクコントローラー
3F8 - 3FFh シリアルポート (1)

システム割り込み

IRQ番号 用途 使用可否
0 システムタイマー ×
1 キーボード ×
2 スレーブへのカスケード接続 (IRQ 9) ×
3 シリアルポート (2)(*)
4 シリアルポート (1)(*)
5 (未使用) / パラレルプリンタポート (2)(*)
6 フロッピーディスクコントローラー(*)
7 パラレルプリンタポート (1)(*)
8 リアルタイムクロック ×
9 SCI IRQ
10 (未使用) / シリアルポート(*)
11 (未使用)
12 PS/2マウス
13 数値データプロセッサー ×
14 ハードディスクコントローラー(IDEプライマリ)
15 ハードディスクコントローラー(IDEセカンダリ)

(*)はBIOS設定画面 (P2Bの場合はCMOS Setup Utility) から使用するIRQを変更できるデバイスです。上記表において○のIRQは安全に使用できます。△はCMOS Setup Utilityでデバイスを無効にした場合に使用できます。P2Bを含む多くのPC/AT互換機ではプリンターポートは1つしかなく、IRQ 5は安全に使用できます。初期のSound BlasterではIRQ 7を使うようになっています(ジャンパースイッチで変更可能)。まれにIRQ 7しかサポートしていないゲームがあるようです。

Sound Blaster 16などのプラグアンドプレイをサポートしない古いISAカードを使用する場合は、CMOS Setup Utilityの「PNP AND PCI SETUP」もしくはICUやCTCUなどのプラグアンドプレイ設定ユーティリティーで事前にIRQを予約しておかないと、グラフィックカードなどのPCIデバイスに割り当てられる可能性があります。ICUやCTCUの扱いは面倒なので、BIOSで設定できるならこちらを使用しましょう。

P2Bの場合はPC起動時にDeteleキーを押してCMOS Setup Utilityに入り、PNP AND PCI SETUPを選択します。IRQ (数字) Used By ISAの中でISA用に予約したいIRQを選択して、+キーまたは-キーで設定値をNo/ICUからYesに変更します。DMAチャンネルも同様の手順で予約できます。

Image: CMOS Setup Utility

Escキーでメインメニューに戻り、F10キーで設定を保存して再起動します。

通常、PCIデバイスは1つのIRQを共有できますが、古いPCIカードではIRQが重複すると相性問題を起こすものがあります。その場合はここのSlot (数字) IRQのところで手動でIRQを指定してやります。他のマザーボードでこのような設定項目がない場合、PCIカードを挿す位置(スロット)を変えることがIRQを変える唯一の方法です。

DMAチャンネル

番号 用途
0 (空き)
1 パラレルプリンタポート(*)
2 フロッピーディスクコントローラー
3 パラレルプリンタポート(*)
4 DMAコントローラー
5 (空き)
6 (空き)
7 (空き)

ISAカードのSound BlasterでPCM録音・再生するにはDMAチャンネルが必要です。Sound Blaster 16, AWE 32, AWE 64では最大2つのDMAチャンネルを使用します。


※コメント欄が表示されない場合はdisqusについてJavascriptが有効であることを確認して下さい.