VNDB (The Visual Novel Database) ではビジュアルノベルの作品、スタッフ、登場人物(キャラクター)などの情報がデータベース化されていて、様々な情報をキーに関連する情報を容易に検索することができます。残念ながらインターフェイスは英語だけですが、使い方を理解すれば、あとは機械翻訳で何とでもなります。

VNDBの機能は年々緩やかに改良されています。最近は検索エンジンのフィルター機能(タグ絞り込み)が強化され、フィルターをANDやORを含めて自由に組めるようになりました。このようなサイトが広告無しに寄付だけで運営されていることには驚きます。ただ惜しいのはスマホ向けに最適化されていないことでしょうか。

運営も編集も多くのウィキと同様にボランティアによるものです。残念ながら英語を読み書きできる日本人は少ないでしょうから、編集者の大半は外人だと思うのですが、VNDBの情報の精度は思ったよりも良好です。日本では英語というとアメリカ人が話すイメージが根付いていますが、オタク文化の中でもこういうディープな分野になると、台湾やベトナム、インドネシアなどの東アジア圏の割合が比較的多い気がします。

VNDBの検索機能は作品検索よりもキャラクター検索で本領を発揮すると言って過言ではありません。とにかく、使ってみればどういうことか分かります。

ジャンル検索

左上のMenuからCharactersの下にあるTraits(特徴)をクリックします。ここではキャラクターを特徴から絞り込むことができます。特徴と言っても身体のことから職業、続柄、境遇まで、幅は滅茶苦茶広いです。題目だけでは分かりにくいものや区別の基準に困るものに関しては、タグをクリックするとページ上部中程に文章で説明があり、これを翻訳すれば大体見当が付きます。

Hair(髪)

Ahoge(アホ毛)、Twin Tails(ツインテール)、Odango(お団子)、Eye Covering(目隠し)など、髪に関するタグが並んでいます。

Eyes(目)

Eye Color(目の色)、Jitome(ジト目)、Tsurime(つり目)といったタグがあります。

Body(身体)

このジャンルはサブジャンルのタグが豊富にあります。例えば、Wings(翼)、Fang(牙、八重歯)、Tail(尻尾)、Apparent Breast Sizes(胸の大きさ)、Humanoid(人型ロボット)、Kemonomimi(獣耳)、Horns(つの)、Muscular(筋肉質)、Skin Tone(肌の色)など。

Clothes(服装)

これもサブジャンルのタグが豊富にあります。Uniform(制服)の中でもNurse Uniform(ナース服)とか、Swimsuit(水着)の中でもSchool Swimsuit(スクール水着)とか、Naked Apron(裸エプロン)、Miko’s Dress(巫女服)など。

Items(アイテム)

Weapons(武器)、Camera(カメラ)、Book(本)など、キャラクターが身につける物品でタグ付けされています。

Personality(性格)

性格はキャラクターを分類する重要な要素とあって、タグの関連付けは他よりも豊富に行われているようです。Coodere(クーデレ)、Pervert(変態)、Taciturn(無口)など。代表例も何も、多すぎて挙げきれません。

Role(役割)

Younger Sister(妹)などの家族関係、Princess(姫)やScientist(科学者)といった職業、Not a Virgin(非処女)など。

Engages in(その人物が没頭するもの・こと)

Sports(スポーツ)とかDrinking(飲酒)とか、キャラクターを特徴付ける趣味や行動がタグ付けされています。

Subject of(その人物に起きた出来事や対象となったこと)

Death(死)などの健康状態、Assault(暴行)といった被害、Hypnotism(催眠)の対象になったことなど、キャラクターの主な境遇がタグ付けされています。

絞り込み検索

特定のタグを選ぶか、MenuのCharactersをクリックすると、キャラクターの一覧が表示されます。数が多い場合は他の条件を追加して絞り込むことが有効です。

Andの後ろにRole(役割)、Sex(性別)、Traits(役割)とあります。RoleはProtagonist(主人公)、Main character(メインキャラ、メインヒロイン)、Side character(サブキャラ、サブヒロイン)、Makes an appearance(一場面での登場人物?)から選びます。Traitsは追加したいタグの文字を入力し、絞り込んで出てくる一覧から選択して追加します。

表示オプション (display options)

一覧画面・検索結果画面でdisplay optionsをクリックすると結果の表示方法を変更できます。既定ではRows(テキストのみの一覧)になっています。Cardsにするとキャラクターのイメージ画像、名前、登場作品名が2列に表示されます。GridにするとGoogleの画像検索のように、キャラクターのイメージ画像が並びます。

過去の作品を選ぶときは知っているブランドや売上・評価ランキングなどから探すことが多いかと思いますが、このようにVNDBを使って特徴から好みのキャラクターを探して作品を選ぶという方法もありだと思います。


記事立てる前の事前リサーチで面白い記事を見つけました。

ツンデレの52%はツインテールで、28%は金髪である。 - Qiita

VNDBからデータベースのダンプを拾って解析し、身体的特徴からゲームのヒロインの傾向をまとめています。大体イメージ通りなんだけども、こうしてデータ化されるとイメージと傾向が一致していることがはっきりします。


※コメント欄が表示されない場合はdisqusについてJavascriptが有効であることを確認して下さい.